「舌側矯正」と「マウスピース矯正」の違い(第1回)

当クリニックの矯正相談にお越しになる方々から、

「舌側矯正とマウスピース矯正、どちらがお奨めですか?」

と質問をお受けしました。

イン

 (左)舌側矯正、 (右)マウスピース矯正(インビザライン)

 

どちらが見えないかと言えば「舌側矯正」の方が見えません。しかし、実際のお口の中では「マウスピース矯正」もほとんど目立ちません

 

治療開始直後のお口の中の違和感は「マウスピース矯正」の方が少なく、話やすいと思います。

イン3

しかし、舌側矯正の患者さんも徐々に違和感になれ、問題なく話せるようになります。

 

では、両者の一番大きな違いは何でしょうか?

舌側矯正は、患者さんが何もしなくてもワイヤーが歯を毎日24時間動かしてくれますが、マウスピース矯正は、患者さんが自分でマウスピースを毎日22時間以上つけないと歯が計画通りに動かないということです。

ですから、どちらの方法でも治療が可能な場合、面倒くさがり屋の方には「舌側矯正」をお奨めしますが、治療中一番大切な「歯みがき」は、舌側矯正が最も難しいというジレンマもあります・・・

 

(第2回 「費用と治療期間の違い」につづく