医院ブログ

CLINIC BLOG

医院ブログ

気になる情報(矯正治療「7つの不安」、抜歯vs非抜歯治療、舌側vsマウスピース矯正など)は「こちら」からお探しいただけます。

矯正治療 「7つの不安」(第4回)

2015.11.18

4.治療期間への不安

A医院とB医院と言う2つの矯正専門クリニックがあったとします。
治療期間をたずねたところ、A医院では1.5年、B医院では2年と言われました。皆さんはどちらの医院で治療を受けたいと思いますか?

AorB

それはA医院ですよね。私でもそうします。

しかし、A医院とBクリニックともに矯正専門クリニックです。矯正治療の期間をできるだけ短くする努力は、全ての矯正医が取り組んでいます。

では、なぜそのような違いが生まれるのでしょうか?

 

1.技術力・知識の差
歯は、基本的には1か月に約1mmしか動けません。これは体の細胞の限界です。

しかし、歯の動かし方によって治療期間に差がでます。これは、まさに技術力と知識の差です。

detour

無駄を省き、ゴールに向かって一直線に歯を動かすことで、治療期間を最短化できるでしょう。

また、コルチコトミーやマイクロオステオパーフォレーションという処置を行えば、歯が約20~30%速く動くと言われています。しかし、その効果は術後1~2か月しか持続しないという報告があります。2か月でたった0.6mmの違いですが、上手く利用すれば治療期間の短縮につながるでしょう。但し、外科的な手技を必要とするので、ここでも術者の腕が問われます。

 

2.セールストーク
予想治療期間を他院よりも短く伝えれば、患者さんは喜んでくれます。

しかし、皆さんが欲しているのは「正確で偽りのない情報」だと信じています。正論すぎる説明は、あまり魅力的に聞こえないかも知れませんが、医療にセールストークは必要ないと私は考えます。

 

◎スウェーデン矯正歯科では、
・東京医科歯科大学で、口腔外科を
・歯科先進国スウェーデンの王立イエテボリ大学で、矯正治療を
学んだ矯正専門医が、「最大限にスピーディー」で「偽りのない」治療を自信を持って皆さんにご提供しております

 

(第5回 「治療中のトラブル」につづく