症例ブログ

CLINIC BLOG

症例ブログ

気になる症例(デコボコ、出っ歯、横顔の改善、見えない矯正など)は、「こちら」からお探しいただけます。

受け口 (反対咬合)

2015.07.01

17歳男性、主訴は「受け口で物が食べづらい」でした。

 

治療前:前歯の受け口(反対咬合)、奥歯も上下うまくかみ合っていません。

Mattias before

 

治療後:前歯でも奥歯でも楽にかめる様になりました!

Mattias after

 

院長のコメント:治療期間は、1年でした。患者さんは「前歯でサンドイッチがかみ切れるし、奥歯でかみやすくなった!」と感動しておりました。

海外と比べて日本人に多い反対咬合ですが、矯正治療により”正常な”かみ合わせを手に入れることは可能です。但し、受け口は、治療を開始するタイミングが大切な不正咬合ですので専門医による治療をお奨め致します。

 

Mattias EO