スウェーデンで矯正専門医になるために(その4)

スウェーデンで矯正専門医になるために(その4)

2016.02.25

スウェーデンの矯正専門医育成コースは、3年間のプログラムです。

患者さんを治療(臨床)する時間が全体の60%、講義などの座学が40%の配分です。専門医としての「技術」だけではなく、必要な「理論」も学びます。

 

今回は、臨床(治療)トレーニングについてご紹介します。 

 

日本の歯科医師免許をもつ歯医者は、日本国内でしか治療ができません。ですから、日本人歯科医師が、海外に”留学”しても、通常は治療ができず「見学」で終わってしまうことが一般的です。

しかし、私は、イエテボリ大学内であれば歯科治療が行える特別な歯科医師免許を発行してもらい、患者さんを実際に治療をしておりました。 

クリニックにて

 (写真 クリニックにて、スーパーバイザーとのディスカッション)

 

クリニックには、スーパーバイザー(教官)が常時最低1人いました。ですから、患者さんの頭の上で、スーパーバイザーとディスカッションすることが”日常”です。その時に感じた疑問をその場で解決できるので、とても効率的に学べます。

 

また、驚くことに、人口50万人のスウェーデン第2の都市イエテボリには、矯正専門クリニックが大学に1件しかありません。ですから、多種多様な症例が集まり、それらを実際に治療することができたので、本当に貴重な経験を積むことができました。

 

また、スウェーデンは、移民・難民の受け入れに積極的です。ですから、ヨーロッパ人だけではなく、中東やアフリカの方や、中国やタイから来たアジア人も治療しました。ですから、スウェーデン矯正歯科では、患者さんの国籍は不問です!

 

We are able to offer a high-standard orthodontic treatment, as you can receive in Sweden which is one of the most developed countries in Dentistry, to all ethnic groups because I have treated almost all ethnic groups during my education to be an orthodontist in Sweden.

Please feel free to contact us and visit our clinic whenever you seek a well-educated and English speaking orthodontist!

 

【次回につづく】